2017/02/12 の定期メンテナンスにおけるkintone APIの更新情報

フォローする

2017年2月12日の定期メンテナンスの、kintone APIの更新に関する情報を事前にお知らせします。
お知らせの内容に追加、変更等ありましたら、こちらのコメントにて変更箇所を追記します。
また、APIドキュメントには仕様を順次公開していきます。

kintone REST API

追加される仕様

  • デザインテーマ設定に取りうる値を追加
    アプリの一般設定の取得、開発中アプリの一般設定の変更において、themeに次の値が追加されます。
    ※以前のthemeの値を指定してもエラーにはなりません。
    • RED
    • BLUE
    • GREEN
    • YELLOW
    • BLACK

修正される不具合

  • フォームの設定の変更APIでテーブルのfieldsパラメータを省略すると不正なリクエストエラーになる
    開発中アプリのフォームの設定の変更で、
    テーブルの「properties.フィールドコード.fields」パラメータを省略またはnullで指定したとき

修正前: 「不正なリクエストです。」 エラーが発生する
修正後:  エラーが発生せず、テーブル内フィールドを変更しない

  • レコードの一括削除APIでrevisionsパラメータにnullを指定すると不正なリクエストエラーになる
    レコードの一括削除APIで、revisionsパラメータにnullを指定したとき

修正前: 「不正なリクエストです。」 エラーが発生する
修正後:  エラーが発生せず、レコードを削除する

  • 取得以外のAPIで、Content-Typeを指定しないで送信したときのレスポンスが不正
    PUT, POST, DELETEのAPI(GET以外のAPI。ただし、ファイルアップロードAPIは除く)で、Content-Typeを指定しなかった、または不正だったとき

修正前: HTML形式でステータスコード415エラーが返る
修正後: JSON形式でステータスコード415エラーが返る

  • 一部のAPI実行時、Enum値の前または後に空白が含まれていると不正なリクエストになる
    以下のリクエストボディ例のようにEnum値の前または後に空白を含めて実行したとき
  リクエストボディ例
----------
{
    "app": 1,
    "properties": {
        "f1": {
            "code": "f1",
            "label": "f1",
            "type": " SINGLE_LINE_TEXT "  // 前後に空白
        }
    }
}
----------

修正前: 「不正なリクエストです。」 エラーが発生する
修正後:  エラーが発生せず実行できる

次のAPIのtype指定で現象が確認されています。

 

  • 特定条件下の古いアプリで、アプリの一般設定取得APIを実行すると不正なリクエストになる
    以下のいずれかの条件にあてはまるアプリで、一般設定の取得APIを実行したとき
     1. 2011年頃(明確な時期は不明)までに作成され、、デザインテーマが1度も設定されていないアプリ
     2. 1. のアプリを再利用、または1. のアプリから作成したテンプレートで作られ、デザインテーマが1度も設定されていないアプリ

修正前: 「不正なリクエストです。」 エラーが発生する
修正後:  エラーが発生せず取得できる

kintone JavaScript API

修正される不具合

         スクリプト例
----------
kintone.events.on('app.record.index.edit.submit', function(event) {
var record = event.record;
record['添付ファイル']['error'] = 'このエラーメッセージを表示';
return event;
});
----------
 
修正前: エラーメッセージの表示がない
修正後: 代入した値のエラーメッセージが表示される

修正前: エラーが表示される
    フィールド値変更変更時イベントの場合はその上ハンドラが動作しない
修正後: 編集可の設定が無視される

コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk