cybozu developer network

カテゴリー内の他の記事

cli-kintone(v1.x.x)と旧バージョン(v.0.x.x)との機能差異

v1.0.0 以降の cli-kintone では、レコードデータの追加や更新を同時に行う機能の強化や、セキュアアクセス対応などを実施しています。
バージョンが v1.0.0 より前(v0.x.x)の cli-kintone との機能差異については、後述の表を参照してください。

バージョンの確認方法

cli-kintone のバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。

// Windows の例
cli-kintone.exe --version

# バージョン番号が表示される
1.0.0
コマンドを実行して次のようなエラーが出た場合には、v0.10.0 以前の cli-kintone を使用しています。
> segmentation fault cli-kintone.exe --version

機能差異の一覧

エクスポート

2022年10月24日時点での、エクスポートの主要機能における差異は、次のとおりです。

  旧バージョン(v0.x.x) v1.x.x 以降
出力内容の形式

指定できる値は次のとおり 次のオプションを指定
-o:指定できる値は次のとおり

  • csv:CSV形式
  • json:JSON 形式
CSV ファイルのみ
パスワード認証

次のオプションを指定
-u:kintone のログイン名
-p:kintone のパスワード

次のオプションを指定
--username:kintone のログイン名
--password:kintone のパスワード

API トークン認証

次のオプションを指定
-t:API トークン

次のオプションを指定
--api-token:API トークン

Basic 認証

次のオプションを指定
-U:Basic認証のユーザー名
-P:Basic認証のパスワード

次のオプションを指定
--basic-auth-username:Basic認証のユーザー名
--basic-auth-password:Basic認証のパスワード

セキュアアクセス  

次のオプションを指定
--pfx-file-path:クライアント証明書ファイルのパス
--pfx-file-password:クライアント証明書ファイルのパスワード

プロキシ経由でのエクスポートの実行  

次のオプションを指定
--proxy:プロキシサーバーの URL

ゲストスペース内アプリの操作

次のオプションを指定
-g:ゲストスペース ID

次のオプションを指定
--guest-space-id:ゲストスペース ID

添付ファイルを含むレコードデータのエクスポート 次のオプションを指定
-b:添付ファイルを出力するディレクトリのパス
次のオプションを指定
--attachments-dir:添付ファイルを出力するディレクトリのパス
エクスポート対象のフィールドの指定

次のオプションを指定
-c:エクスポート対象のフィールドのフィールドコード

次のオプションを指定
--fields:エクスポート対象のフィールドのフィールドコード

エクスポートするデータの⽂字コード

次のオプションを指定
-e:指定できる値は次のとおり

  • utf8:UTF-8
  • utf-16:UTF-16
  • utf-16be-with-signature:UTF-16BE
  • utf-16le-with-signature:UTF-16LE
  • sjis:Shift-JIS
  • euc-jp:EUC-JP
  • gbk:GBK(簡体字)

次のオプションを指定
--encoding:指定できる値は次のとおり

  • utf8:UTF-8
  • sjis:Shift-JIS

インポート

2022年10月24日時点での、インポートの主要機能における差異は、次のとおりです。

  旧バージョン(v0.x.x) v1.x.x 以降
インポートするファイルの指定

次のオプションを指定
-f:CSV ファイルまたは JSON ファイルのファイルパス

次のオプションを指定
--file-path:CSV ファイルのファイルパス
パスワード認証

次のオプションを指定
-u:kintone のログイン名
-p:kintone のパスワード

次のオプションを指定
--username:kintone のログイン名
--password:kintone のパスワード

API トークン認証

次のオプションを指定
-t:API トークン

次のオプションを指定
--api-token:API トークン

Basic 認証

次のオプションを指定
-U:Basic認証のユーザー名
-P:Basic認証のパスワード

次のオプションを指定
--basic-auth-username:Basic認証のユーザー名
--basic-auth-password:Basic認証のパスワード

セキュアアクセス  

次のオプションを指定
--pfx-file-path:クライアント証明書ファイルのパス
--pfx-file-password:クライアント証明書ファイルのパスワード

プロキシ経由でインポート実行 なし

次のオプションを指定
--proxy:プロキシサーバーの URL

ゲストスペース内アプリの操作

次のオプションを指定
-g:ゲストスペース ID

次のオプションを指定
--guest-space-id:ゲストスペース ID

レコードデータの一括登録 $id 列を含まない CSV ファイルをインポート --update-key を指定せずにCSVファイルをインポート
レコードデータの一括更新

一括更新のキーに指定する、フィールドの種類によって異なる

  • レコード番号を一括更新のキーに指定する場合:
    $id 列 にレコード番号を指定してCSVファイルをインポート
  • そのほかのフィールドを一括更新のキーに指定する場合:
    * を先頭につけたフィールドコード名の列を用意してCSVファイルをインポート
 
レコードデータの一括追加および更新 $id 列 を用意してCSVをインポートする
  • 追加の場合:空文字
  • 更新の場合:レコード番号を指定

次のオプションを指定
--update-key:レコードの⼀括更新のキーとなる、フィールドのフィールドコード
指定できるフィールドの種類は次のとおり

  • レコード番号
  • 「値の重複を禁⽌する」を有効にした以下のフィールド
    • 文字列1行
    • 数値
レコードデータを削除後に一括登録 -D オプションを指定
このオプションを指定すると、レコードデータを削除後にインポートを実行する
 
添付ファイルを含むレコードデータのインポート

次のオプションを指定
-b:添付ファイルを配置したディレクトリのパス

次のオプションを指定
--attachments-dir:添付ファイルを配置したディレクトリのパス

インポート対象のフィールドの指定  

次のオプションを指定
--fields:インポート対象のフィールドのフィールドコード

インポート開始行の指定

次のオプションを指定
-l:インポートの開始行

 
インポートするデータの⽂字コード

次のオプションを指定
-e:指定できる値は次のとおり

  • utf8:UTF-8
  • utf-16:UTF-16
  • utf-16be-with-signature:UTF-16BE
  • utf-16le-with-signature:UTF-16LE
  • sjis:Shift-JIS
  • euc-jp:EUC-JP
  • gbk:GBK(簡体字)

次のオプションを指定
--encoding:指定できる値は次のとおり

  • utf8:UTF-8
  • sjis:Shift-JIS

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

Avatar
Kintone 初心者です

いつも利用させていただいております。

バージョンアップに伴い、以下の機能の搭載予定はございませんでしょうか?

・インポート時にレコードデータを削除後に一括登録

今後の予定または、代替え案等がございましたらご教示いただけると幸いです

よろしくお願いいたします。

Avatar
cybozu Development team

Kintone 初心者です 様

お世話になっております。cybozu developer network 事務局です。

こちらのコメント欄は、記事に対するフィードバックする場となっております。

機能追加などのご要望は、GitHub Issue より登録をお願いいたします。

また、仕様に関するご質問はサポートにて受け付けておりますのであわせてご確認ください。
https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/10663181361689#support

記事コメントは受け付けていません。