自動採番して、レコード登録する

フォローする

Index

概要

見積番号を自動採番して登録するサンプルプログラムです。

完成形

事前準備

  • kintone アプリ(kintone アプリストア  の 「商品見積書パック」を使います)
  • 「商品見積書パック」に含まれる「見積書」アプリのフィールド「見積番号」を次のように設定します
    • 「必須項目にする」にチェック
    • 「値の重複を禁止する」にチェック
  • エディター

サンプルプログラム

サンプルプログラムでは、Cybozu CDN の利用、JavaScriptのサンプルを紹介します。

ご注意事項

  • サンプルプログラムは、その動作を保証するものではありません
  • サンプルプログラムの技術的なサポート等は行っていません
  • kintone JavaScript APIは非同期で実行されるため、レコードIDを取得する処理を XMLHttpRequest を使って同期処理しています。 処理中はブラウザがフリーズする場合があります。 また、XMLHttpRequest は利用できないブラウザもありますので、ご注意ください。

PC用のJavaScriptファイル

詳細設定から「JavaScript / CSSによるカスタマイズ」を開き、Cybozu CDN から次のライブラリを指定します。

  • Mement.js
    https://js.cybozu.com/momentjs/2.8.4/moment-with-locales.min.js (version 2.8.4 を利用)

JavaScriptサンプル

  • 次のサンプルプログラムをエディターにコピーして、ファイル名を「sample.js」 、文字コードを「UTF-8」、BOMなしで保存します
    ※ファイル名は任意ですが、ファイルの拡張子は「js」にしてください

設定した画面

「JavaScript / CSSによるカスタマイズ」画面でそれぞれ設定した例を紹介します。

使用したAPI

  1. アプリの ID を取得する
  2. URL を取得する
  3. REST APIリクエストを送信する
  4. イベントハンドラーを登録する
  5. レコード追加画面の保存実行前イベント
  6. フィールド要素を取得する

デモ環境

(見積書) https://dev-demo.cybozu.com/k/60/

(商品リスト) https://dev-demo.cybozu.com/k/61/

※デモ環境についての説明はこちら

コメント

Avatar
pekoe

本スクリプト、大変重宝させていただいております。

しかし、とあるタイミング(CSVファイル・ダウンロード実施後)の後にrecNoが1つ歯抜けになってしまいました。
20150501-E368
20150502-E369
 (関係ないかもしれませんが、このタイミングでCSVファイル・ダウンロード実施)
20150502-E371 ⇒ E370が採番されず

このような事象になられた方はいらっしゃいますでしょか。
回避策をご存じの方がいらっしゃれば、お力をお貸しください。

Avatar
菅原直樹

レコードIDは、保存成功後のイベントから取得すれば良いのでは。
https://cybozudev.zendesk.com/hc/ja/articles/201941984#success

保存成功後のイベントでIDが取れるので、PUTで更新処理をさせることで私は解決しました。

また、このコードだと「データが0件しかなかった場合」が考慮されていないです。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk