新規投稿
フォローする

カスタマイズで Vue.js を利用するときの注意点

kintone や Garoon のカスタマイズやプラグインで Vue.js を利用する場合、次のように、即時関数の引数に Vue オブジェクトを渡す書き方を行ってください。

((Vue) => {
'use strict';
kintone.events.on('app.record.index.show', () => {
// 適用したバージョンの Vue.js が使われる
console.log(Vue.version); // バージョンを確認する
return event;
});
})(Vue);
複数のバージョンの Vue.js を適用していると、意図していないバージョンの Vue.js が使われることがあります。
上記の方法で Vue オブジェクトを束縛することで、プラグインやカスタマイズ設定で適用したバージョンの Vue.js が使われるようになります。
3

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。